活用シーン

オリジナル不織布バッグの活用シーンについてご紹介いたします。

オリンピックでの不織布バッグの活用

東京2020オリンピック・パラリンピック

東京五輪2020年に開催される東京オリンピックが与える前後の影響

オリンピックは、日本国内の人々だけではなく92万人の世界中の人たちが日本に訪れる予想だそうです。
それだけの数の観光客に対応するサービス業の業種は、人権の雇用も検討しなくてはなりませんね。

早めに作成準備しましょう!

関係する職種はたくさんありますね!間際になって慌てないように人が溢れる街中、
訪れた観光地で、記念にオリジナルデザインのバック日本を表現してPRしましょう!

用等は、販売する商品を入れる袋 プレゼント用にも宣伝効果抜群!

売り上げに 影響する業種も多々あることは間違いありません。
サービス業だけに適性が高いだけではありません。
例えば
◉スポーツ用品店
◉電化製品
◉食品
◉衣料品
◉美術品
◉お土産品販売店
◉アトラクションランド
◉温泉
◉映画館
◉水族館
◉動物園
◉観光地
◉登山地域
◉医療機関
◉テレビ局
◉ラジオ局
◉施設
◉飲食店
◉映画館
◉ホテル
◉関係団体
警察、行政、地域団体

あらゆる業種に適性!あったら便利で売れすじバック

私たちが 日常に当たり前にわかっていることを戸惑う 海外の方もたくさん出ることでしょう。
例えば、交通表示・交通機関乗り換え図・時差・案内図・パス停などをアイデア次第で 思わず 手に取りたくなる素敵で便利なバックとしてお土産にも 軽くてたため、手荷物としても機内に持込めて、ベストアイテムになります。

ビジュアルイノベーションや産業用ロボットなどのエスコートによる、ビジネスや生活に適した コミュニケーション環境を創造した展示会の開催スペースが多くなりました。

空間プロデュースの工夫、ビジネスゾーンにも無人エリアでの、多彩な用途に応じて コーディネートされた会場など、これから主流になってきます。

説明書やカタログなどは、なかなか持ちかえってもらえず、捨ててしまうケースも少なくありません。
それに引き換え 使用することのできるバックなら、持ち帰り何度も使っていただけて宣伝効果もあります。

多様化する宣伝手法

時代の反映と共にPRの手法や効果が変動しています。
広告媒体としては、新聞折り込み、ポスティング、アドトラック、テレビCM、SNS広告やホームページなどが主流ですが、配布物では、チラシ、ポケットティッシュなどです。
ポケットティッシュの宣伝方法は、かなり昔から取り入れられています。ティッシュの裏面に印刷された広告を入れます。
駅近くで配布しているのをよく見かけます。メリットは、紙1枚のチラシに比べると、必要性の用途もあってか、受け取ってもらえる率が高いかもしれません。
しかし、中に入っているチラシを取り出して見る方がどれだけいるのでしょう。
コストを考えると、ティッシュの分量や紙質によって多少変動しますが、1個あたり原価3円〜8円としても、配布する人件費も必要となります。

ティッシュや、チラシの代わりに ロゴ入り バックを配布されていたらどちらを受け取りますか?

ご予算に応じて、不織布バックの大きさやプリントするカラーにより 単価も押さえることが出来ます。

お気軽にご相談ください

関連記事一覧