活用シーン

オリジナル不織布バッグの活用シーンについてご紹介いたします。

インターンシップでの不織布バッグの活用

インターシップ

インターシップは、学生が社会人になる第一歩の会社を知る為の説明会ですが
短期間が主流なので仕事内容に慣れることでいっぱいで、慣れて自分の空間を描くことに行き着く前に研修期間が終わってしまいます。なので、会社サイドから、イメージ作りや空気感を打ち出すことは大切なことですね。
今や、企業でもクールビズや、残業についても考慮されています。

働く側の立場になって健康を考え昼食も会社内で準備する企業も増えています。

良い人材確保には 先に会社PRを上手にしましょう。
企業側から 右腕となる人材を確保したいですね。

働きたい会社の条件で1番多い意見が
『職場の印象の良いこと』だそうです。印象というのは、個人が作り出すイメージや思い込みも含めています。題材としては会社パンフレット、ホームページといった情報が判断の材料となっているそうです。確かに 人間関係も同じですね。まずは第一印象 。それだけイメージは、大事な要点であることは間違いありません。

リクルーティングサービスお手伝いいたします

パンフレットでいうと表紙

バックは裏も表も表紙同然!

しかも一目でイメージを表現できます。
打ち出したい要点を意図的にデザインとして表現すれば 感性で伝わります。それが インパクトを表面に打ち出せる不織布バックです。

関連記事一覧