活用シーン

オリジナル不織布バッグの活用シーンについてご紹介いたします。

イベントでの不織布バッグの活用

様々な用途で運用拡大

イベント向けとして作成した物を普段使い、社内使用など様々な用途でご利用いただけます。
毎年のイベントごとにその年の商品やアイテムがデザインを見るだけで、その年の販売ツールや事業内容なども記録されますね。毎年のイベントツール作成も楽しみになります。
クライアントさんやユーザーさんのコレクションにも成りうると思います。
企画やデザインも無限です。

イベントも様々

「イベント」といっても、運動会や文化祭などのような学校行事、記念パーティやお月見会などの個人的行事、また、4年に一度のオリンピックやサッカーのワールドカップ。他国家行事では博覧会など規模を問わず様々なイベントがあります。

人は貴重な時間を過ごした証を残したい

人間の心理には、貴重な時間を過ごした証を何らかの記念として、形として残したいという想いが常に存在するため。イベントでは必ず記念品が用意されます。

そして、イベント自体はプロモーション(販売促進)のための手段の一つとして実施されることが多いため、そこで使用される記念品はいわゆる「販促品・ノベルティ」という事になります。
記念品(販促品、ノベルティ)には必ず何らかの意図を持ったデザインが施されます。

宣伝効果の可能性を高めるなら当社の高品質不織布バッグ

デザインには企業の宣伝効果を期待する会社ロゴ、メッセージやイラストなどが使用されますが、
残念ながら厳密には、そういったデザインやメッセージなどの効果を測定することは難しいです。

しかし、実態を測れないとしても少しでもその効果の可能性を高めるための方法があります。
それは、当社が高品質不織布バッグの効果として目指している

  • 「お客様に貰って喜ばれる」
  • 「また利用したいと思う」
  • 「お金を払ってでも購入したい」

を実現する記念品であるということです。
これを実現できる記念品こそが、当社の高品質不織布バッグです。

関連記事一覧