活用シーン

オリジナル不織布バッグの活用シーンについてご紹介いたします。

キャンペーンでの不織布バッグの活用

キャンペーンでの不織布バッグの活用

「キャンペーン」の意味合いは、まさに「宣伝」活動

「キャンペーン」の意味合いは、まさに「宣伝」活動であり、そうした様々なシーンではやはりプレゼントなどの配布物がつきものです。

マーケティング・コミュニケーションとして、方針に則りキャンペーンテーマを決め、そのプロモーション活動においてメッセージを伝える。メッセージを日常でご使用いただける贈答品として物品に印字し、少しでも消費者に長く訴えようという手法がありますが、テーマや内容また訴えたいポイントなどにより、どういったアイテムを選ぶか?が非常に重要になってきます。

アピールの浸透を狙うには「バッグ」が優位

アイテムに対して、ビジュアルによる効果を求める事は間違いないでしょう。
そうなるとやはり「目立つ」「綺麗」「実用的」であることが、重要な要素となってきます。

もちろん、アイテムから発せられるメッセージ、いわゆる「キャッチコピー」も重要ではありますが、そのキャッチコピーを浸透させるアイテムの一つとして「バッグ」が優位であると我々は考えています。

「バッグ」は当然ノベルティの重要な要素である、「実用性」「見た目の良さ」などを兼ね備え、「メッセージ」の訴求性においても抜群の機動性を備えているため、一般的によく目にするペンやメモ帳などとは一線を画した高効果を期待できます。

商品そのものを配布することが一番だが、出来ない商品もある

新商品を販売開始する際のキャンペーンなどでは、新商品の「存在と見た目を世に知らせたい」狙いが売り手側にあり、新商品そのものを配布することが一番最適で分かり易く、効果の期待度も高いかと思われます。
一般の消費財の中で、飲料や食品などはそういったことが簡単にできますが、そうは出来ない商品の場合はどうでしょうか?やはり何か他の物品、いわゆるノベルティにその役割を託す必要があります。

配布できない新商品のビジュアルを市場に認知させるためには高品質不織布バッグが最適

売り手側として新商品を公に知らしめたい際には、まずそのビジュアルを市場に認知いただく事を最も気にします。その商材の写真などを何かに載せて宣伝したいところです。
そして、それを少しでも長く手元に残したり、別の場所に移動させたり、利用期間を長くしたいと考えるとやはり「バッグ」の存在が欠かせません。

その中で、見た目で大きくその効果を左右する特性を考えると「フルカラー」であることや、「手軽」に利用できること、また、「耐水性」「耐久性」も兼ね備えていることから、当社が扱う「高品質不織布バッグ」がキャンペーンアイテムとして、非常に優位であると考えております。

関連記事一覧